給湯器が水漏れを起こしたら?修理の前に確認するべき事

給湯器が水漏れを起こしたら?修理の前に確認するべき事 給湯器のトラブルは、ささいな事でも早急な対応が必要です。ガスと火を使う機器なので、問題のある状態で使うと重大な事故につながる可能性があります。ときに命の危険をもたらす事もあるので、給湯器のトラブルは発見次第すぐに修理をしなければなりません。
給湯器のトラブルはほとんどが配管関係ですが、給湯器自体の劣化によるトラブルもあります。水が漏れる場所も多彩で、配管以外にも給湯器本体から水が漏れる事もあるため、室内設置の給湯器の場合は台所が水浸しになる事もあり、こうなると被害は想像以上にひどくなります。
水回りのトラブルが発生する原因は広くありますが、主な原因は次の2種類に分けられ、原因ごとに修理の費用やかかる時間、修理後の対応も変わります。

■給湯器 水漏れの原因で多いのは劣化

給湯器 水漏れでよく見られる原因は、配管や給湯器本体の劣化です。給湯器に使われる配管は、一部をのぞいて塩ビパイプと言われるものを使用します。十分な強度を持ち、現在使われるものは耐熱性がありますが、繰り返しの温度変化や紫外線などで劣化していきます。また、地震による揺れや台風の風圧、住宅の振動などによるズレやねじれが起きて劣化するケースもあります。
塩ビパイプは穴が開くというよりは割れてしまう事が多いので、一度水が漏れると基本的にまるごと交換します。
給湯器も設置から時間が経てばだんだんと劣化していき、給湯器内部にある水を通す部分が破損してしまいます。給湯器本体からの漏れている場合は修理というケースもありますが、ほとんどの場合で交換になります。

■業者の不手際でトラブルが起こるケースもある
給湯器の配管は、専門の業者が行います。給湯器は現在3種類があり、ガス、化石燃料、電気と燃料にするもので違いがあり、ガスと化石燃料の配管工事はほぼ同じですが、電気の場合は配管が少し変わってきます。
また、室内設置型と屋外設置型では配管の長さや使用するパイプの素材が変わるので、業者の対応力が低いなどの理由で工事が失敗している事があります。配管工事に失敗している場合は、工事終了後すぐ、または数ヶ月程度の短い期間で水漏れを起こすことが考えられます。
業者の不手際による給湯器 水漏れは、ときに人的被害や建物被害に発展することもあるので、何らかの被害が起きた時は、損害の保障を求める事も考えることになります。

■事故による水漏れもある

屋外に給湯器の配管がある場合、車の接触などで破損して水漏れを起こすことがあります。給湯器 水漏れの原因としては珍しい原因ですが、狭い道路に面した住宅などで起こりやすくなります。このケースの場合、夜間に車が接触すると気づかないことがあり、朝になって被害が発覚することがほとんどです。
また、内部のパイプだけが破損することもよくあるので、突然配管が壊れて水が漏れたように見えやすく、車が接触したことさえわからないことも見受けられます。
事故による破損は接触した車を見つけない限り、自費で修理することになります。車の接触痕があるなど、相手の特定に繋がりそうな場合は警察に届けることもできますが、事故であることさえ気づかない場合もあるので、まれとは言えとても厄介な原因でもあります。

■まとめ
給湯器のトラブルは、専門技術がない限り業者連絡が基本です。原因によっては、業者の修理のあとに事後処理を必要とすることもありますが、まずは必ず修理業者に連絡して、見積もりと修理を依頼しましょう。
外部の配管は見た目だと簡単に取り替えができそうに見えますが、給湯器に関わる工事は電気工事士の資格が必要です。また、専門家でなければわからない原因も潜んでいることもあるので、給湯器の水漏れは必ず専門業者に依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース